160910-2

Book!Book!AIZUのおいしい時間
「松本と会津の野菜でおやきを作るワークショップ」
今年は長野県 松本からゲストをお招きしました!

フードユニット〈つむぎやの金子健一さん。
著書多数の人気料理研究家が会津にやって来ます!
そんな金子さんと作るのは、信州の郷土料理「おやき」。
「おやき」とは、小麦粉・蕎麦粉などを水で溶いて練り、薄くのばした皮で小豆、野菜などで作ったあんを包んだ、いわば中華まんのような食べ物。
今回は信州と会津の野菜を使ってみなさんと一緒に2種類のおやきを作っていきます。こねる!包む!焼く!蒸す!
料理しながら、長野と会津、それぞれの共通点をきっと見つけられるはず。

そして今回は2種類の「おやき」の他に、デモンストレーションとしてお惣菜を一品作ります。
つまりは「おやき」2種とお惣菜、計3品のレシピを、直接教えてもらえるということ!
覚えたその日から使えるレシピ、ぜひたくさんの人に知ってもらいたいです!

お料理タイムのあとは、金子さんが作ったサラダとデザートor飲み物と一緒に、盛りだくさんのおやきプレートを楽しみましょう。
お腹に余裕をもたせて参加してくださいね♪
もしかしたら、ここだけのレシピの裏話も聞けるかも!?

普段はなかなか体験できない、本格的な料理教室ですので、この機会にぜひご参加ください!

【松本と会津の野菜でおやきを作るワークショップ】
10月9日(日)14:00〜16:00
場所 食堂 つきとおひさま 喜多方市寺町南5006
参加費 3500円 定員12名 ※要予約0241-23-5188
持ち物 エプロン、筆記用具

image
パンように、発酵してぷっくりと、おやきの生地。

image
先日、金子さんが会津を訪問!小菊かぼちゃと金山かぼちゃを持ってパシャリ。
山都の有機農家太田くんのアテンドで、ワークショップに使う会津の野菜と畑の見学、ワークショップの構想が膨らみます!
松本と会津のコラボでどんなおやきが完成するか楽しみですね。

【金子 健一(つむぎや) プロフィール】
料理研究家。2005年マツーラユタカとともにフードユニット 「つむぎや」を結成。雑誌や書籍へのレシピ提案、ケータリング、イベントなど幅広く活動中。現在、松本と横浜を行き来しながら、義父の畑仕事を手伝ったり、ブックプロジェクト「アルプスごはんのつくり方」など、あちこちを巡りながら料理をしている。パン屋さんで店長をしていた経験もあり、粉ものも得意。著書に『ぱんぱかパン図鑑』(地球丸)、『和食つまみ100』(主婦と生活社)など。

Book!Book!AIZU2016

2016 年 9 月 20 日

image

今年もBook!Book!AIZU2016
10月1日(土)よりはじまります!!
今年も盛りだくさんの企画で私もワクワクしております。

上の写真は、松本からゲストでいらっしゃる本屋「栞日」。
内装がとても斬新でステキ!栞日菊地さんによる出張本の販売やトークが開催されます。そしてもうひとり、松本から料理研究家 金子さんがいらして、お料理ワークショップ。
この秋は会津で、松本の空気を感じていただきたい!
ご参加、ご予約お待ちしております。

つきとおひさまで開催のBook!Book!AIZU企画をご紹介します。

image

つむぎや金子さんの本と料理のワークショップ】
フードユニットつむぎやの金子健一さんをお招きして
「松本と会津の野菜でおやきを作るワークショップ」を開催。
10月9日(日)14:00〜16:00
場所 食堂 つきとおひさま
参加費 3500円 ※要予約0241-23-5188

金子さんが暮らす信州の郷土食「おやき」。松本と会津の野菜を使って、みなさんと一緒に2種類のおやきをつくっていきます。
こねる!包む!焼く!蒸す!会津でもおやきの文化が定着しますように。

【会津×松本 トークイベント】
Book!Book!AIZU&oraho 山本晶子 × 栞日 菊地徹
10月9日(日)18:30〜20:00 ※要予約
場所 つきとおひさま 喜多方市寺町南5006
参加費 1500円 (ハンバーガーとお茶付)
◎松本の食材を使った「まつもと畑の恵みバーガー」をお出しします。

テーマ「本からはじまる〜地方でブックイベントを始めること、続けること」
北アルプスの湖畔で本を愉しむイベント「ALPS BOOK CAMP」を企画・主催する〈栞日〉菊地徹さんをお招きして、
Book! Book! AIZU発起人が地方のブックイベントの楽しみや裏話などを伺います。
当日はスペシャルゲストも登場予定!

その他
一冊の本からCAFE×BOOK×RECIPE
つきとおひさまでは「かもめ定食」が登場!
book pick orchestraの文庫本葉書の販売
アルプス山麓からの便り
<つむぎや>金子さんと<栞日>菊地さんが選んだ長野県・松本、安曇野の品々がずらりと並びます。
こちらはのちほど、詳細をお伝えいたします。

今回のゲストの
プロフィール紹介

◎金子 健一(つむぎや) 
料理研究家。2005年マツーラユタカとともにフードユニット 「つむぎや」を結成。雑誌や書籍へのレシピ提案、ケータリング、イベントなど幅広く活動中。現在、松本と横浜を行き来しながら、義父の畑仕事を手伝ったり、ブックプロジェクト「アルプスごはんのつくり方」など、あちこちを巡りながら料理をしている。パン屋さんで店長をしていた経験もあり、粉ものも得意。著書に『ぱんぱかパン図鑑』(地球丸)、『和食つまみ100』(主婦と生活社)など。

◎栞日 sioribi
長野県松本市。国内の独立系出版物を中心に扱う新刊書店。
今年七月に移転リニューアルしたところ。喫茶とギャラリーを併設。
この秋、旧店舗で小さなホテルを、次の春、新店舗で活版印刷スタジオを、それぞれスタートする予定。ブックフェス「ALPS BOOK CAMP」企画・主催。

申し込み、お問い合わせはこちら
または0241-23-5188(五十嵐)までご連絡くださいませ。

棚田劇「森の婚礼」

2016 年 9 月 11 日

image

喜多方 楚々木で1日限りの野外舞台公演
森の婚礼

2016年9月24日(土)
開場13:30 開演14:00 閉演 17:30頃(日没)
場所 喜多方 楚々木集落の棚田
詳細はこちらをご覧ください→

森の婚礼 棚田劇の料理を
つきとおひさまが担当します。※9/24はつきとおひさまはお休みです

喜多方の秋のおいしい野菜や会津地鶏、喜多方の卵などを使い、
喜多方BALの鶴さん、雑穀食堂の浅野くん、
喜多方の料理好きな方々の手もお借りして
婚礼のたのしい膳が棚田に揃います!

\観覧者&ボランティアスタッフ募集中/

棚田に舞台⁉︎ 人々がみんな役者⁉︎ 回遊式劇場⁉︎
「舞」×「音」×「食」を組み合わせた棚田劇
みなさんこの舞台、気になりますよね!!
是非、ご参加ください!見なきゃ損ですよ〜

当日の観覧は定員50名。ご予約お早めに〜
また、喜多方某所で舞台美術の作成しております。
24日までずーっとボランティアスタッフ募集してます!
お面などの小道具、大道具の作成、誰でもできる作業ですので、
是非、舞台の裏方やりませんか。

image
※画像クリックで拡大表示

「森の婚礼」は森のはこ舟アートプロジェクトの
参加アーティストのひとり、岩間 賢さんが楚々木で続けているプロジェクトの一環です。
下記、岩間賢さんの「森の婚礼」のご紹介です↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ちょこっとよってらっしゃい」
小楚々木に暮らす95歳の渡部浩さんと畑で出会ってから4年。

2016年9月24日(土)
喜多方市街地から20分ほどにある楚々木集落にて
棚田を巡りながら観劇する回遊式の野外劇を上演します。

開闢300年となる楚々木の山々。

集落や山々を借景とし、棚田の高低差ある地形を活かし、
360度全方位を舞台とするダイナミックな劇場が誕生します。

「大福茶」
梅干+昆布+黒糖をつかった、縁起あるお茶

「幸餅」
棚田でうさぎさんが餅つき!
きな粉いっぱい。心いっぱい。口もいっぱい。

「唄」
この棚田劇のために新曲を書き下ろし中。
ピアノが、蛙が、太鼓が、とんぼが、コントラバスが 
おじいちゃんが、奏でる大団円。

「お面 森のどうぶつ」
喜多方一中の美術部のみなさん、
福祉作業所ひだまりのみなさんとつくっているどうぶつのお面。

「楚々木ショータイム」
電気祭が行われていた楚々木。
マジックショー、そば口上、なにが飛び出すのか楚々木大演芸。

「お料理」
結婚式といえばお料理。
喜多方市内の料理人たちが集い、婚礼逸品を披露!

「花嫁衣装」
これを見ずしてこの会は語れず。
森に降り立つ花嫁さんの衣装は必見。

あなたがこの劇をつくる
誰もが役者、誰もが観覧者、誰もが主役
大地も身体も耕しちゃえい♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

森の婚礼プロデュース岩間 賢が率いる、舞踏家、楽隊の面々
踊りと歌とベースとパーカッション、本公演をお楽しみください。

image

大宴会in南会津2016

2016 年 9 月 10 日

image

今年も参加します!
大宴会in南会津 2016

南会津育ちの野外音楽フェスティバル
2015年9月18日日曜日
開場:10:00 開演11:00→閉演18:30
場所:福島県南会津町 会津山村道場うさぎの森オートキャンプ場
※大宴会出店のため、つきとおひさま店舗は臨時休業

【出演者】
ハンバードハンバード、bonobos、高田漣~高田渡を歌う~、
吾妻光良トリオ+1、青葉市子、Saigenji.

前売り 4800円 当日5800円
つきとおひさまでは大宴会チケット販売しております!

今回もみやげ、雑貨、古道具の販売

10月に開催される『Book!Book!AIZU2016』の出来たてホヤホヤのフライヤー、そして先行販売として古本をお持ちします。

9月のつきとおひさまイベント『ハチミツ 古道具展』の古家具、古小物雑貨。
そして会津のおいしいもの、いいもの持って、南会津におじゃまします♪

今年はなんと、ハンバードハンバードが初出演。
やさしくてせつなくて、透き通る遊穂さんの声も歌も大好きです。
夫婦ディオ、3人の男の子の父と母。尊敬のまなざし。
そんなおふたりにお会いできることが何よりも楽しみ♪

心地いい音楽とのんびりした空間、魅力的な物販、飲食、ワークショップ
たくさんの方に出会えること、繋がれること、とっても楽しみにしております♪

image

ハチミツ古道具 展
〜新潟のおいしいものと紙もの〜

9月15日(木)〜10月31日(月)
※10月1日〜9日はBook!Book!AIZU開催のため、商品縮小します。

今年も新潟からハチミツの出張販売、
古道具をたくさん持ってやってきますよ。

器、ガラス、カゴ、木箱
小物雑貨、オブジェ、家具etc

いろんなジャンルの古いもの
食べたいもの、使いたいシーンが浮かんでくるような
そんなものを見つけていただけたら、嬉しく思います。

今年は新潟のおいしいものと紙ものも並びますよ。
sketch&note(野草茶ギフトボックス、手漉き和紙のポストカード)
marilou マリールゥ(パンケーキミックス)
HOSHINO koffee&labo(珈琲豆)
・トコノマ(焼菓子)※10月中旬より販売

image

【ワークショップ 】
新潟の植物と、和紙と、活版印刷」
10月22日(土)15:00〜16:30
参加費1500円 (お菓子と野草茶付き)
定員10名 ※要予約 0241-23-5188
講師 sketch&note 松尾和夏

新潟県内でも豪雪地として知られる山間の集落である栃尾。
その山で採集される植物で、染めてつくる手漉き和紙を使った、活版印刷のワークショップです。

新潟の植物と和紙、そして活版印刷にまつわるお話をしながら、活版印刷と孔版印刷(シルクスクリーン)を組み合わせた、sketch&noteのポストカード制作の工程を、実際に体験していただきます。
また、活版印刷の活字をつかった印刷も体験していただけるよう、活字組みの実演と、印刷の体験もしていただきます。
和紙と同じ、栃尾の山で採取されてつくられる野草茶とお菓子をお楽しみいただきながら、のんびりと、和紙と印刷によるものづくりを体験していただければと思います。

印刷作業はとてもシンプルです。どなたでもお気軽にご参加ください♪

&NIGAOE 笑達さんの似顔絵会

2016 年 8 月 10 日

IMG_0433

昨年、大人気だった「&NIGAOE笑達さんの似顔絵会」を今年も開催します。

8月27日(土)9時〜17時
随時受付 予約の方優先 0241-23-5188 またはメール▪️にて

価格&料金

・写真の2Lサイズ (127×178) 画用紙仕様
1人 30分 3240円
2人 40分 4320円

・ボードサイズ (182×257×20)
1人 40分 6480円
2人50分8640円

何人でも可能です、料金はご予約の際にご確認ください。
大判サイズもあります。写真をとり、後日郵送も出来ます。

おしゃべりしながら気軽に描いてくれる笑達さんは、お子様でも大丈夫。
今まで描きためた似顔絵も展示しますので、お気軽にお立ち寄りくださいませ。

描いてるとき「じっとしてなくて良いですよ〜」との一言にほっとしながら
クレヨンでぬりぬり、会話も弾み、40分間楽しいおしゃべりでできあがり〜
私達家族の似顔絵ができました!

IMG_0434

今回は東北ツアーということで
つきとおひさま開催の次の日は、猪苗代のはじまりの美術館でも開催!
8月28日(日)10時〜18時 随時受付いたします。
その後、いわきにも行くそうですよ〜。

笑達さんの似顔絵は表情がみんなすごくステキ!
なかなか出会えない彼の独特の似顔絵、この機会に描いてもらいましょう♪

&NIGAOE(アンドニガオエ)
笑達(しょうたつ)
1982年 和歌山県出身。19歳から似顔絵を描きはじめ、現在までに描かせてもらった人数は30,000人以上。クレパスを使い、目の前の人の存在と、その魅力をそのまま似顔絵に描く。2001年より京都の路上で似顔絵を描きはじめる。2005年 似顔絵作家集団『WORLD1』設立。2012年 独立、『&NIGAOE』設立。似顔絵作家“笑達”として個人活動を開始。全国各地で似顔絵制作イベントを開催、またオーダーによる似顔絵制作を開始。世界の様々な場所で似顔絵を描く活動“TOUTOI”を開始。URL:http://and-nigaoe.jp/

今までの展示会の様子もご紹介します。

パームリーディング

2016 年 6 月 30 日

7月、8月は喜多方のイベントがあちらこちらと賑やかです。
つきとおひさまでも、なんだか楽しい企画が舞い込んできましたよ。

『パームリーディング』
7月16日(土)11:15〜17:00
鑑定料
5分1000円 10分2000円 15分2500円 30分5000円
じっくり見て欲しい方はお時間取っておきますので、ご予約くださいませ。

パームリーディングとは
『パーム=手のひら』の中にある人生の羅針盤を読みとることです。
手のひらは、宇宙。あなたの気づかない可能性が眠っています。
それを、わかりやすくお伝えしてくれるのが、くろさわじゅんこさん。

13555707_1003718249724074_825801084_o

くろさわじゅんこ
【プロフィール】
ほぼ独学で手相を勉強し、2012年より本格的にパームリーディングを始める。現在、関東、関西、東北etc…日本各地を渡り歩いてパームリーディングを生業としながら、なおかつ、手のひらを読みながら旅をすることが人生の楽しみでもある。
将来は手のひらを読みながら世界を渡り歩くのが夢♪

今回、パームリーディングのじゅんこさんをご紹介してくれたのは
omotoご夫婦。おすすめとあって、わあ、やってみたい!っていう一言で
つながった素敵なご縁。
omoto智子さんがパームリーディングをご紹介する理由を教えてくれました。
「とにかくポジティブ、人生にマイナスはないと思わせてくれ、
よくある手相占いとは違って、自分の眠っている能力を再発見、それに驚く!
なにより、終わったあとにみんな笑顔になっちゃいます。」

パームリーディング、ぜひやってみてくださいませ♪

鈴木心 写真館

2016 年 6 月 22 日

syasinkann

「鈴木心 写真館 」
——————————————–
本当の写真を体感する
写真を撮影されることを楽しむ
見せたくなる、飾りたくなる、大切にしたくなる
——————————————–

広告や雑誌で活躍されている写真家の鈴木心さんが、ライフワークの一つとして各地で開催されている「出張写真館」が「つきとおひさま」にやってきます!
1日限定の写真館で、記念の写真を撮影していただけます。

■7月17日(日) 10:00〜17:00
※12:30〜13:00、15:00〜15:30は休憩時間となります。

■場所 フリースペース NEXT DOOR (つきとおひさま隣の建物)

■料金:1回 3000円
※A4プリント写真(白黒)、データ (URLとQRコード)付き
※1組 5分〜15分の撮影、印刷時間 1組 15分程度
※事前予約不可、当日受付

【鈴木心 プロフィール】
写真家。 1980年福島県生まれ。広告、テレビ、雑誌、映画ポスターを中心に活動。
「JR SKISKI」シャンペーン広告やドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」のポスター写真を担当。
http://suzukishin.tumblr.com/

当日は喜多方の風物詩ともなっている「喜多方レトロ横丁」が開催中!
喜多方が昭和へタイムスリップするお祭りもあわせてお楽しみください。
浴衣の無料レンタルもしていますので、浴衣姿の写真を「鈴木心写真館」で撮影することも!

夏の日の思い出をプロの撮影で残していただける1日、
夢のような写真館での体験をお楽しみください!

image

旅する花屋 ハヤシラボ
「あたらしい日常花」展

今年もつきとおひさまに花屋がやってきます!
福島市のアトリエを拠点に旅する花屋として各地でお花の販売をしているハヤシラボ。

ハヤシラボのセレクトは、目新しく、個性的で雰囲気ただよう花。
今回は「あたらしい日常花」をテーマに、普段の日常に花を飾る、
あたらしい楽しみ方の提案ができたらと思います。
季節の花や野菜を使い、学び、遊び、形にするワークショップも開催いたします。

日々の生活に花を一輪、特別なあの人へ、ちょっとした手土産に。
花のある空気は、気持ちも清らかになっていく気がします。
あたらしい日常花を伝える2日間、どうぞお出かけください。

▪️お花の販売
7月2日 (土)11時〜14時
7月3日 (日)10時〜17時
珍しい色や形のお花たち、その場でブーケをお作りします。
ブーケができるまでの所作も楽しめます。

▪️花と野菜で遊ぶワークショップ
7月2日 (土)15時〜17時 定員10名
参加費2500円(おやつとお茶とお花付き)要予約 0241-23-5188

講師 : 穴澤史雄(ハヤシラボ主宰)嶋村俊光(森デコ研究家)
2人の講師による、花と野菜を知る、学ぶ、飾る、形にするワークショップ。
不思議で面白い、そしておいしいお茶の時間もお楽しみください♪

ヤンマお洋服受注会2016

2016 年 5 月 5 日

image

今年のヤンマ受注会開催です!
春の陽気で心地いいこの季節、たくさんのお洋服に胸をときめかせ、
あれこれ選んで自分スタイルのお洋服をみたてに、是非いらしてくださいませ。

ヤンマのお洋服の受注会2016」

5月15日(日)11:00〜18:00
5月16日(月)12:00〜19:00
場所 つきとおひさま座敷

ヤンマ産業は、デザイン山崎ナナ
製法は高齢者の方々というスタイルでもの作りをしています
全商品に修繕保証付きで安心してお買い物いただけます。

お洋服の受注会とは
たくさんのサンプルの中から形を選び
生地サンプルからお好きな色をお選びいただけます

納品まで数ヶ月お時間いただきますが
長く着られるお気に入りの一枚をお作りいたします!
大事に来ていただきたいという願い故、永く着られる
(会津木綿や国産麻布)やデザインにもこだわってます。
ブラウス9000yen〜 ボトムス12000yen〜 ワンピース16000yen〜

※クレジットカードお使いになれます。

—————————————————-

会津木綿原山工場の存亡の危機から事業を引き継ぐために山崎が会津に向かい
はらっぱ」を立ち上げ約1年。ようやくヤンマでも会津木綿のお洋服の受注が
取れるまでの状態になりました。原山さんの柄や品質はそのままにさらに新柄も加わり、
完全復活した、会津木綿を是非見にいらしてください!
また今回は、つきとおひさまにてHARAPPA「会津木綿のある暮らし 展」開催しております、
こちらも是非お楽しみくださいませ。

—————————————————–
ヤンマファッションショーも、ぜひ参考に↓
届いた時のトキメキドキドキたまりません、自分好みのお洋服をオーダーしましょう♪

↑ページトップへ