2017 年 6 月 のアーカイブ

鈴木心写真館

2017 年 6 月 26 日

syasinnkan

再び!「鈴木心 写真館 」

——————————————–
本当の写真を体感する
写真を撮影されることを楽しむ
見せたくなる、飾りたくなる、大切にしたくなる
——————————————–

広告や雑誌で活躍されている写真家の鈴木心さんが、ライフワークの一つとして各地で開催されている「出張写真館」が再び、つきとおひさまにやってきます!
1日限定の写真館で、記念の写真を撮影していただけます。

■7月16日(日) 10:00〜16:00
※12:30〜13:30は休憩時間となります。

■場所 NEXT DOOR (つきとおひさま隣の建物)

■料金:1回 3000円
※A4プリント写真(白黒)、データ (URLとQRコード)付き
※1組 5分ぐらいの撮影、印刷時間 1組 15分程度
※予約優先
0241235188 または info@tukitoohisama.com
お名前、連絡先(電話番号/メールアドレス/住所)
撮影される人数、撮影カット数 をご予約の際お伝えくださいませ。

【鈴木心 プロフィール】
写真家。 1980年福島県生まれ。広告、テレビ、雑誌、映画ポスターを中心に活動。
「JR SKISKI」シャンペーン広告やドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」のポスター写真を担当。
http://suzukishin.tumblr.com/

今の姿を、プロの撮影で残したい、思い出にしたい、
夢のような写真館での体験をお楽しみください!

IMG_1557

学びの時間vol.3

やまもとのりこの
「マクロビオティック料理ワークショップ」

“福島の台所”というコンセプトで
今年openした福島市にある「食堂ヒトト
そこで料理教室を開催している
やまもとのりこさんが
つきとおひさまにやってきます。

7月15日(土)15:00〜17:30
場所 食堂つきとおひさま店内
参加費 4000円 ※要予約 0241235188
定員 10名

【タイトル】
夏やさいをじょうずに活用して、暑い夏をのりきりましょう!

【テーマ】
夏やさいをうまく活用し、じょうずに取り入れることで夏を乗りきれる工夫を。まずは、暑さにより乱れがちな食を、料理することからととのえ、一緒に心身ともに過ごしやすい、からだをつくっていきましょう。

【メニュー】
梅はとむぎ入り玄米ごはん
味噌汁(ふのり にんじん トマト とうふ)

じゃがいもサモサ
モロヘイヤときゅうりわかめのあえ物
寒天スイーツ

※野菜の仕入れ状況により、
メニューの内容が、変更となる場合がございます。

【プロフィール】
やまもと のりこ

約8年、マクロビオティックのレストランやカフェなどで修行をし、
現在は、ORGANIC BASE(料理教室)にて講師として料理指導、また、ていねいにつくられた素材をもとに、つくる側のきもちを大事にした、お弁当やケータリングの仕事も受けている。
将来は、料理することを伝えていきたいと、ちいさな取り組みもはじめている。

————————————-

私にとっても、学びの時間になるこのワークショップ
以前、東京に住んでいた頃、好きだったカフェ
吉祥寺の「ORGANIC BASE」とその後の「ヒトト」
そのカフェで食べた料理の美味しさと心地いい空間
働くヒトの気持ち良さ、すべてが良き方向へと調和してて
感動したことを覚えてます。
そのお店が福島市に移転openと聞いて
いつか、繋がれることができたら
幸せだろうな〜と夢みていました。
マクロビオティックの世界を
少し体験できること、つきとおひさまでのお料理指導
とても嬉しい幸せな1日になりそうです。

どうぞみなさま、ご参加くださいませ。

旅するirodori-0605-07-J

−旅するirodori−
「ちょっとなつかしい文房具展」

“わぁ〜、これ昔つかってた”や
“へぇ、これまだあるんだ!”
きっと一度は目にしたことがある、
今でも”現役”のなつかしい文房具たちを集め、
irodoriがあなたの街におじゃまします。

7月14日(金) 11:00〜17:00
7月15日(土) 10:00〜17:00
7月16日(日) 10:00〜17:00
7月17日(月祝)10:00〜16:00

場所 つきとおひさまギャラリー

みんな大好き文房具。
子供も大人も楽しめるお買い物って
なかなかないですよね、
ノスタルジーに浸れたり
色合い、風合い、昔ながらのデザインに
懐かしみながらあたたかい気持ちになれると思います。
期間中は、irodoriガチャガチャも楽しめますよ♪
ガチャ好きっ子あつまれーー!

7/15.16は、喜多方レトロ横丁も開催してます。
つきとおひさまとレトロ横丁でなつかしいもの、
是非、探しにきてください♪

irodoriプロフィール
福島市南矢野目にある文具・雑貨を中心に取り扱うお店。
インポートアイテムから国内老舗メーカーのものまで、
見ていてたのしくなる彩り豊かなステーショナリーを取り扱ってます。

喜多方おはようマルシェ

2017 年 6 月 18 日

喜多方おはようマルシェ

春から秋にかけ、毎月第4日曜日に開催している
「喜多方おはようマルシェ」に出店します!
10月まで開催の、このマルシェに毎月、出店しますので
是非遊びにきてください♪

6月25日(日)
7:00〜9:00
場所:喜多方市役所

今年から喜多方在住の
4組のものづくりチームで参加します。
(チーム名を只今検討中、来月にはお披露目できるかな、、)

【1組目】つきとおひさま
パンとおむすびとのみものを販売。
メニューは
元パン屋のスタッフが作る
自家製酵母パン、初お披露目ですよ。

IMG_1542

・丸パン
・シナモンロール
・ミルクフランス(苺クリーム)
・ブルーベリーとクリームチーズのベーグル

IMG_1543

つきとおひさま店主が作る
・にんじんと生姜のおむすび
・しその葉とわかめのおむすび
のみものは天候に合わせて、メニューを考えたいと思ってます。

【2組目】クレセール

IMG_1544

今年、喜多方にopenした子供服と雑貨のお店
Crecer -クレセール-
てぬぐい、ハンカチ、多肉植物などを販売します。
是非、お店にも行ってみてくださいね♪

【3組目】

IMG_1546

アロマワックスバーの販売。
季節のドライフラワーと
アロマの香りに癒されます。

【4組目】

IMG_1545

こぎん刺しブローチの販売。
針と糸でチクチクと
可愛いデザインが魅力です。

喜多方で、
ものづくりを楽しむ4組の仲間たち。

うたうように手をうごかし
心を込めてコツコツと。
ふだんのくらしにちょっと
楽しく、おいしくしあわせになれる
そんな食とモノをお届けします。
朝の喜多方
おはようマルシェで会いましょう♪

IMG_1538

「森の婚礼」
参列者、観覧者、ボランティア総勢150人による棚田劇。
喜多方楚々木がとても美しい森なのだと、
心癒される映像と森ごはんを楽しめます。
みなさまを不思議な空間でおもてなしさせていただきます。

会津おいしい映画館×森の婚礼
「楚々木 森ごはん 春・夏」

6月17日(土)
18:00開場 18:30開演
場所 食堂つきとおひさま
参加費 1500円(森ごはんと野草茶 付)
定員 20名 ※要予約0241-23-5188

IMG_1539

昨年9月に喜多方市楚々木集落の棚田にて行われた
「棚田劇 森の婚礼」(総合プロデューサー岩間賢)。
棚田劇の様子を撮影した動画をもとにした映像が完成しました!
当日の料理を担当した「つきとおひさま」にて、『森の食』を再現。
映像編集と映像音楽を担当したアーティスト大岡さんにより、
会場で『森の音』を表現。
壮大で、愉快で、森を賑わした唯一無二の日の記憶とともに、
“森ごはん”をお楽しみください!

IMG_1533

食:つきとおひさま

大好評だった「にしんの山椒漬けドレッシングのサラダ」、
「こづゆいなり」や楚々木をイメージした森ごはんを担当します。

IMG_1540

音: 森の婚礼ショートムービーを
制作してくださった大岡真一郎さん

▪️大岡 真一郎プロフィール
音楽家、サウンドアーティスト。
http://www.oooka.biz/
コンピューターとピアノを用いた制作スタイルで「音楽」と「音」を軸に幅広い表現活動を行う。
主な作品として音楽と映像編集を手掛けた棚田劇「森の婚礼」Googleイノベーション東北ゲーム開発プロジェクト「大槻太郎左衛門の乱」人間不在のロボットバンドへの楽曲提供「ZIMA / Z-MACHINES」(文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品)、昨年の夏に西会津で制作されたサウンドインスタレーション「primitive soundscape / 縄文の音の森」などがある。
幕張メッセでのスクエアプッシャー(音楽家/イギリス)との共演や東京都美術館で現在展示中のSpirit of Northでのアマンダ・ビルバリ(ダンス/スウェーデン)とのコラボレーションなど、国内外の様々なジャンルのアーティストとの作品制作も多数行っており、福島を代表するアーティストとして西会津国際芸術村と東京の自宅を拠点にインターナショナルに活動中。
つきとおひさまのお気に入りのメニューはキーマカレーの中辛とフレンチトースト、パンケーキ。
今回の「森の婚礼」上映会ではつきとおひさまの店内に作品の舞台となった楚々木の森の「春と夏」を360度の音響空間で再現します。

◎森の婚礼とは
「森のはこ舟アートプロジェクト」喜多方エリアプログラム「楚々木樂舎」。棚田劇「森の婚礼」は、2015年度から集中的に調査を進めていた楚々木・会津に今も残る「森の地の婚礼文化」を素地とし、「舞」×「音」×「食」を組み合わせた舞台です。楚々木の棚田を回遊式劇場にしたこの地の記憶を呼び起こす物語です。2016年9月24日(土)に開催。総合プロデューサー:岩間賢